自分の体型を賢く活かすウェディングドレスの選び方

ウェディングドレスを賢く選ぶには

ウェディングドレスに憧れを持っている女性は多いと思います。また、こんなドレスが着たいという願いも少なからずあるはず。しかし、ただ好きなものを選ぶだけではなく自分の体型にあったデザインとサイズを選ぶことが重要です。挙式当日は多くの方が花嫁衣装を楽しみにしています。コンプレックスを隠しすぎて野暮ったくなったり、イメージに合わないドレスでガッカリされたくないですよね。体型コンプレックスを自分の武器にかえて、輝く花嫁になりましょう。

体型に合わせたデザイン選び

自分の体型で一番気になるところはどこでしょうか。肩幅の広さのかたは肩紐が二の腕上部を優しく包むようなオフショルダー肩を華奢に見せてくれます。また、小顔に見せたい方は袖が全くないビスチェがオススメです。首を長く見せたければ、襟元がV字になっているものが良いでしょう。こちらは顔をシャープに大人っぽく見せる効果もあります。胸が大きいことが気になるなら首元にドレスが巻きつくホルターネックのドレスです。上半身のラインがきれいになり、首元までデザインがあることで視線が散らせます。腕をしなやかに長く見せたければノースリーブとロンググローブの組み合わせがおすすめです。このように、ドレスのデザインにはどこを強調しどこを目立たせないという機能が備わっています。じっくり向き合って自分にきちんと合うドレスを選びましょう。

より美しいドレス姿に!ブライダルインナーの技

ドレスが決まったら、着こなしがポイントです。流行りのドレスは胸でドレスを支える必要性が高いため、きちんとバストトップをあげてウェストのくびれを強調し、なおかつしっかり花嫁とドレスを支えるブライダルインナーはとても重要です。そのため、1度きりのことだからと安いものを購入するのはやめて質の良いものを手に入れるようにしましょう。店舗によっては在庫を置いていないことも多くネットショップを利用しなくてはならない場合もありますが、その場合はきちんと採寸を行い、またサイズ変更ができるかどうかも確認しておくことをお勧めします。

大阪の結婚式場にはホテルやレストラン、ゲストハウスなどがあり、会場によっても様々なサービスや特典があります。