キラキラな婚約指輪に!メレのアームデザイン

サイドに小粒ダイヤモンドを配置して華やかさアップ

婚約指輪のアームデザインのなかでも、ソリティアと並んで人気のある「メレ」。中央のダイヤモンドの周囲に小粒のダイヤモンド(メレ)を配置したデザインは、シンプルさと華やかさのバランスが抜群です。また、ダイヤモンドの色や数によってバリエーション豊富な組み合わせを選ぶことができます。組み合わせによっては個性的なデザインにすることも可能ですよ。メレリングはブランドによってサイドストーンリングと呼ばれていることもあるので、お店で選ぶときには注意しましょう。

全体がキラキラで華やかなパヴェ

メレというと基本的には、中央のダイヤモンドの両サイドにメレダイヤを2粒ずつ配置するものが多いです。しかしなかには石畳のようにメレダイヤを敷き詰めたデザインもあり、それを「パヴェ」といいます。パヴェは全体をキラキラに見せることができ、ボリューム感を出せるところも特徴です。とても華やかなデザインになるため、婚約指輪を日常的につけるというよりは特別な日につけたいという方にオススメします。結婚指輪をシンプルにして普段使い用、婚約指輪をパヴェにして特別な日用と使い分けるのもいいかもしれません。

ダイヤモンド以外の宝石を組み合わせてもOK

婚約指輪にのせる宝石はダイヤモンドでないといけない決まりはありません。そのため、個性的な婚約指輪にしたい方は、メレにダイヤモンド以外の宝石を組み合わせてみるのも面白いでしょう。センターをダイヤモンドにしてサイドを小粒のルビーにしたり、センターをエメラルドにしてサイドにメレダイヤを組み合わせたり、豊富なバリエーションのなかから選ぶことができます。石言葉を調べながら2人で相談して決めてみるのもいいでしょう。

婚約指輪は女性の憧れです。本来は、夫とはなれても女性が生きていけるためのものでした。今では、一種のステータス、または愛されている自分を確認するものとなっています。