結婚指輪っていつからつけるの?3つのパターンを紹介します

入籍から結婚式までの期間が長い場合

入籍を先にすませ、結婚式までの期間が長い場合、数か月~1年といった長い間つけないことってあるの?と思われる方もいると思いますが、あるんです!結婚式の指輪交換までつけない人がとてもたくさんいます。やはり挙式で初めてつけてもらう瞬間を大切にしたい・・・という意見がとても多いです。入籍してから結婚式までにゆっくりオーダーで作ったり、自作したりと時間のある場合、ゆっくり準備する人も多いのが現実です。でもそんなに待ちきれない!という方はもちろん買ってすぐにつけてもOKです。その場合は、結婚式の前に一度磨きに出して結婚式当日を迎えるのがおすすめです。

入籍と結婚式が同じ日の場合

この場合は悩むことはないですね。結婚式の指輪交換で初めてつけます。この時ひとつ気を付けてほしいのが、指輪のサイズです。結婚式に向けてエステなどに通い、やせてしまうと指輪がぶかぶかになる新婦さんもいますし、逆に太ってしまい入らないこともあります。特に結婚式の当日は緊張のため指がむくむ人が多く、入らないこともあるので、指のサイズを購入した時と同じサイズにキープしておきたいところです。人生の晴れの日に行われる指輪交換、ぜひスムーズにできるように指のメンテナンスをしておきましょう!

結婚式を行わない場合

結婚式を行わない場合は入籍日につける人が多いです。入籍の日にふたりきりで指輪交換をしたり、両家との食事の場でシンプルに交換したり、購入してきたその日に自分でつけたりと人それぞれです。入籍の日のこだわらず、この人と二人でやっていくぞ!と決めて、その日に購入してすぐつけるというのもあるかもしれません。結婚指輪はふたりにとっての節目になります。「夫婦生活がスタートする日」を起点にして、指輪をつけ始めるというのもいいかもしれませんね。

結婚指輪とは、結婚式で新郎新婦が交換するペアの指輪で、互いの左手薬指にはめるものです。それは既婚者の証拠として社会的に認識されるアイコンでもありますが、特徴としてはお互いの頭文字を刻印したりします。