親族だけの結婚式として神前式が人気なんですよ!

神前式が熱い理由って?

西洋風の教会式が定番のウエディングスタイルとしてずっと人気でしたが、今神前式が脚光を集めています。伝統的な神社で厳かに行うスタイルが、かえって新鮮であるということと、日本人ならではの結婚式をしてみたい!という理由から若い人たちから人気になっているんですよ。両家の親族中心に行いたい場合にも、神前式はぴったり!神社はパワースポットでもありますから、霊験あらたかな場所で式を挙げたい!というカップルにもいいですね。

神前式の時の親族はどうしているの?

日本全国に神社はいっぱいありますよね。近場の神社にするのもいいですし、伝統的で婚礼スポットとして人気の神社で行うのも自由です。縁結びの神様が祭られているところだといいかも!?神社は事前に見学することもできますから、ある程度候補を絞ってから現地に直接行って見るといいですね。結婚式当日になったら親族は神社の控室に集まることになります。親族紹介は、神社でそのまま行うか、披露宴会場で行うかに分かれます。代表者が行う場合や、自己紹介形式などがありますよ。

神前式の衣装って!?

親族に見守られながら結婚式ができる神前式ですが、婚礼衣装といえばやっぱり白無垢ですよね。打掛や掛下、小物もすべて一点の曇りのない着物を着用します。体形も目立ちにくいというメリットもありますよね。披露宴では、華やかな模様が美しい色打掛けに着替えます。もう一つの婚礼衣装のスタイルとして人気なのが、引き振袖です。振袖は未婚の女性の盛装なので、結婚すると着ることができませんから、ラストの振袖姿として選ばれているんですよ。

親しい仲間同士で挙げる少人数での結婚式は、思い出深くなります。費用もかからない為、その分オリジナルで色んな事が出来るでしょう。