他の指輪とは選ぶ基準が違うことも!?結婚指輪の人気デザインとその理由

地味なものほど好まれるのが結婚指輪の特徴

指輪といえば、普通はダイヤモンドがついていたり、ゴールドがあしらわれていて美しい見た目をしているものですよね。派手なものほど価値が高いというのは、ごくごく当たり前のことです。ですからそういったデザインのものが人気になりやすいのですが、結婚指輪の世界では少し事情が違っています。結婚指輪は、普通の指輪とは逆で、地味なものほど人気が高くなる傾向が強いのです。その理由は、やはり一生付け続けるという点にあるでしょう。飽きの来ないデザインにしないと、途中で付けるのが嫌になってしまいます。

冠婚葬祭どのタイミングにも合わせられる万能デザイン

結婚指輪は、常に付け続けるものになります。結婚式の日にも付けていますし、お葬式の日だからといって外すこともありません。どこへ行くのにもつけていきますから、その場その場で変だと思われないデザインにしなければならないでしょう。シンプルなプラチナのリングなら、派手さもそれほどではありませんし、どこへでも付けていけます。結婚指輪では、こうした万能デザインのものが売れ筋になっています。石を埋め込むなら内側に見えないように埋め込むのが人気です。

最近はオーダーメイドのものも人気

結婚指輪は、普通は出来合いのものを買います。ただ、やはり一生付け続けるものがゆえに、自分で作りたいと考える人も出てきます。そうしたニーズに合わせるかのように、アクセサリーショップの中にはアトリエを持っていて、そこで顧客が自由に指輪を作れるサービスまで登場してきています。それほど大きな予算を立てなくても、オーダーメイドの結婚指輪は作れてしまいます。自分でデザインをして自分で作った世界にたったひとつだけの指輪も、一部で根強い人気があります。

結婚指輪の人気は西洋文化が日本へと入ってきてから急速に伸びだしました。ダイアモンドの美しい輝きや頑丈さはその愛を証明しているかのようで、それがまた人気へとつながっています。