アットホームに手作りウエディング!!プリザーブドフラワーでここまでできる!

ふたりの指輪をつなぐリングピロー

アットホームな少人数の結婚式では手作りアイテムがよく似合います。全てをオリジナルにするのは大変でも小物類なら挑戦しやすいでしょう。また簡単だけど見た目に華やかさを添えてくれるのが長持ちするプリザーブドフラワーの存在です。生花よりも思い描いていた色合いを演出しやすいので使いやすいですよ。たとえば、やさしい色を集めたひとつのハートでふたりの指輪をつなぐリングピローはシャンパン色を多めに使いハート形のドライ用スポンジにひとまわり小さなハート形のクッションを置き周囲をワイヤリングした花で埋めていくだけなので不器用な人でもトライしてみましょう。

ほのかに色づく花でメニューを縁取る

生花では重くなりがちなバック形のブーケもプリザーブドフラワーなら軽いので式の最中に持ち歩いていても疲れません。鳥の羽のようにフェザーグラスを入れていっそう軽やかにしてみましょう。裏側にはベルベッドの布を貼っておけば純白のドレスを汚す心配もないでしょう。また、挙式後には薄紙を重ねたような淡いアジイサイの花を連ねたメニューカードでゲストを迎えいれましょう。ブーケと同じ種類の花を使用してメニューのまわりに花材を木工用ボンドで隙間なく貼っていくだけでゴージャスになるでしょう。

小さな花壇をゲスト席に

ゲストの席を示すのはひとりひとりの名前をつけた花のポットがいいでしょう。こちらもブーケにつかっている花と統一感を持たせておきましょう。パーティーがはじまったらテーブルの真ん中に寄せればテーブルフラワーになりますよ。宴の結びに手渡すお菓子は定番のフルーツケーキの代わりにローズクーヘンにするといいでしょう。目で味合うお菓子で、ドライスポンジをバームクーヘンに見立ててウエディングで使用したお花をぎゅっと詰め込むように挿していきベルベッド布を貼ったフタで閉じればゲストの身近で長く咲き続けてくれますよ。

身内だけで結婚式を挙げたいと考えていてあまり大人数で結婚式を挙げたくない場合は、少人数の結婚式なら東京で行うことができます。